トップページ最近のニュース同じカテゴリのニュース

平成14年2月24日 ハリケンジャー、就職する

 日曜日の朝は特撮タイム。7時30分から「忍風戦隊ハリケンジャー」、8時から「仮面ライダー龍騎」です。

 「ハリケンジャー」はヒロインが可愛い上に、敵の女幹部もセクシーとコギャルの2段構えというスキのない布陣。
 一方の「龍騎」は、せっかくヒロインが2人いるのに両方とも似たような気の強いショート女という無駄が多い仕様です。

 以上の点から、少なくとも、お色気ヒロインの魅力では「ハリケンジャー」の方が数段上だと思われていました。
 ところが、今週の「仮面ライダー龍騎」には女子小学生のパンチラが登場。


 ハリケンジャーがカバーしていない幼女属性による「龍騎」の奇襲。これに負けじと、来週はハリケンブルーのパンチラで挽回して欲しいところです。

 ともあれ、今週のハリケンジャーは第2話「巨人とカラクリ」でした。

 先週、忍者学校の落ちこぼれ3人組がハリケンジャーに変身して、悪の宇宙忍者と戦うことになりました。
 3人は、「次の攻撃に備えて、忍者らしく身分を隠して待機せよ」と命じられます。

 「久しぶりに山を降りたら、欲しいものばっかり。何かいいバイトないかな〜」。…紅一点のブルーが街を歩いていると、いかにも怪しげなハゲオヤジが近寄ってきます。
 「アハハハハ、見つけましたよ〜。こっち、こっち、いいですから来てくださいよ〜」。誘われるまま、ブルーは見知らぬオヤジのワゴン車に乗せられてしまいます。

 ブルー「え〜、ウッソ〜、信じらんな〜い。本当にいいんですか、私で〜?
 オヤジ「大丈夫! 君は輝いてるから!

 いい年ぶっこいて知らないおじさんについて行く姿は、なんだか子供の教育に悪そうです。
 幸い、このオヤジは本物の演歌歌手のスカウトでしたが、そのまま東南アジアに売られてもおかしくないと思います。

 …そうしてブルーが人生綱渡りを実践している頃、レッドは堅実に人材派遣会社に登録ビルの窓ふきに勤しんでいました。
 一方、イエローは何をどうしたのか介護士になり、幼稚園児と戯れていました。たまたま同じ幼稚園に営業に来たブルーといっしょに、すっかり園児の人気者です。

 ところが、そこに磁力を操る忍術を使う宇宙忍者が現れます。
 対するハリケンジャーは、「磁力には重力だ!」ということで、頭上から100トンの鉄球を落として叩き潰しました。

 しかし、敵の巨大コピーロボットが破壊された忍者の能力をコピー。マグマ大使のように変形し、巨大忍者になってハリケンジャーに襲いかかります。
 これに対して、ハリケンジャーも巨大ロボを発進させました。ガオレンジャーで動物型ロボの玩具がたくさん売れたので、今回も2匹目のドジョウで動物型です。

 科学忍法火の鳥みたいな攻撃を繰り出した後、古代から伝わる超科学的なエネルギーを凝縮し物体化した超忍者必携アイテム“カラクリボール”を発動。
 「古代から伝わる超科学的なエネルギー」とやらの力で巨大ロボが分身し、見事に敵を倒しました。

 「天晴れ、ハリケンジャー!」。愛らしいハムスターが人生50年は生きたという風情の貫禄ある渋い声で言います。
 実は、先週ハムスターに変化した忍者学校の校長が、あわてて呪文を1文字まちがえたため元に戻れなくなってしまった姿なのです。

 そんな中身オッサンのハムスターが指でなでられて気持ちよさそうに悶え声をあげたところで、次回に続くのでした。

 RSS2.0


トップページに戻る