トップページ最近のニュース同じカテゴリのニュース

平成14年2月22日 高齢者の性欲アンケート

 「トンデモ本の世界」に、72歳にもなって1日20回セックスしている新興宗教の教祖様の話が紹介されていました。

 普通、50歳、60歳にもなれば、交尾より将棋の方が楽しくて縁側でお茶を飲んでいるようなイメージがあります。しかし、ちゆのおじいちゃんでも、お正月の特番で寒いのに意味もなく水着姿のピチピチギャルを嬉しそうに見ていたりします。
 意外と知らないところで、おじいちゃん・おばあちゃんは普通に励んでいるのでしょうか。

 そんな疑問を抱いていたところ、秋田県の農村で実施された70歳以上の老人対象の「性欲に関するアンケート」の話を聞きました。
 結果は、「性欲がある」「勃起する」という男性は7割で、そのうち半分は「バイアグラを使いたい」と答えたそうです。

 つまり、弥勒の生まれ変わりを自称するような教祖様でなくても、70歳ならまだまだ現役
 「もう終わってる爺ちゃんだから」と油断していたら、せんずりのネタにされているかも知れないわけです。

 一方、女性では、3人に2人は「性欲がない」とのこと。
 そういえば、克・亜樹先生の漫画「ふたりエッチ」でも、「50代後半の女性の70%が『SEXを苦痛と感じる時が多い』」という話が紹介されていました(14巻127ページ)。

 では、70歳現役じいちゃんズは、いったいその性欲をどこにぶつけているのでしょうか。
 今のお年寄りなら、高度成長と共に生き、バブル崩壊の前に退職金をもらった方も多いでしょうし、お金だけは持っていますが…。

 いえ、70歳以上の女性でも16%は「性欲がある」、5%は「夫にバイアグラを使って欲しい」と答えています。
 それに、何十年も連れ添ってきた夫婦なら、ちゆのようなヒヨッコが思いもよらないスゴイ解決策もあったりするのでしょう。

 そんなこんなで、「性欲がある」のは分かったけれど、結局「実際ヤっているのか」は謎のままのアンケート結果でした。
 セックスをするだけで心筋梗塞を起こすリスクは2.5倍高くなるという話もありますし、年配の方はそのまま本当に逝ってしまわれることのないよう、お気を付けください。

 ネットアイドルちゆは、おじいちゃんの夜の生活を応援しています。

 RSS2.0


トップページに戻る